TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2013年05月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2013年05月23日(木)

明日より岐阜で『仁平幸春展』

本日より5/31まで、東京のなか志まやは店を閉めて、岐阜のきものギャラリー睦月さんで『仁平幸春展』を行います。6/1(土)から東京におりまして、6/8(土)より『なか志まや夏衣展と気っ風市』です。仁平作品の展示販売も致します。

仁平幸春展 ”素材を開花させる”

5月24日(金)〜28日(火) きものギャラリー睦月にて
11:00〜19:00(最終日17:30まで)
5/25日(土)、26日(日)仁平幸春さん、甲斐凡子さんが来場

染色家・仁平幸春氏が希有な染色家であることを私達(睦月となか志まや)は常に感じて来ました。彼の作品表現の多彩さ(古典、抽象、モダン)とその完成度、与えられた素材に対する正確なアプローチとそれを開花させる力、西洋レース柄を和用になど、様々な古典への新しい試みの先駆者であり、一人の染色作家としては想像出来ない程、様々なジャンルな文様を染められています。そしてそのどの作品も、絵画的な美しさだけでなく(勿論単独でも美しい)、素材、作者、受け手、環境つまりは社会との関係性において、その美しさが取り合わせされることにより、さらにその美しさを増幅させる作品なのです。これは著名な染織家の師から受け継いだもの、またはどこそこの団体に認められている、、、などという事とは無縁の、仁平氏が独自に辿り着いた仁平氏だけに可能な染色の世界なのです。まさに希有な染色家と言えるのです。
私達が願うことは、どうか一人でも多くの方に彼の作品に触れて頂きたい、そのときは何の知識も要りません。ただお客様とその作品の間に何を感じるか、その関係性、その声に素直に耳を傾けて頂ければ最高の幸せです。

              きものギャラリー睦月 横山てる美
              なか志まや      中島寛治

会場のアクセスは下記のリンクをブラウザにコピーペーストしてください。

きものギャラリー睦月へのアクセス

http://www.mutsuki-kimono.jp/access.html


●2013年05月19日(日)

なか志まや夏衣展と気っ風市とジャワ更紗帯入荷情報


6月8日(土)〜16日(日) なか志まやにて
12:00〜19:00


出品作品
小千谷縮 隼人紬 下井紬 生紬 夏久米島、他自然布など夏織物
仁平幸春氏 新作着物と新作帯
芝崎るみデザイン Rumi Rock浴衣新作 昨年より前の在庫分は割引します。
藤井礼子さんのジャワ更紗 今回は特別に少し訳ありをお安く提供します。

また、6/1発売、和楽7月号掲載の麻着物、麻帯を特別割引で。仕立て上がりのモデル着用、森田空美さんがコーディネイトされた着物、帯、小物になります。



入荷情報 藤井礼子さんレイシア・ジャワ更紗帯新作

頭の中は夏、夏、、と行きたがりですが、まだ袷、そろそろ単衣かと微妙な季節。単衣ものの重ね着が主流であった衣装史からすれば、今の和服ももっと柔軟にしていいと思います。これからの時代、もっともっと単衣の着物を着る期間は長くなるでしょう。

画像は単衣に着て頂きたい取り合わせ。

着物は、お召に染めの加工をした着尺。
触って頂くと分かりますが、通常の地風よりも薄く、単衣の時期にお召しになっていただける風合いに織られています。地は斜め格子の紋お召。

礼子さんの更紗帯は、ジャワの野蚕の糸で織られた生地にチャンチンで丁寧に染められた帯。全通を通り越して太鼓の裏まで染められた手描きのジャワ更紗です。


*今回の気っ風市には、藤井さんの更紗の帯で、多少訳ありなものをお預かりして、お安くご提供します。レイシアの帯のファンの方はお見逃しなく。


●2013年05月09日(木)

仁平幸春展 ”素材を開花させる”

5月24日(金)〜28日(火) きものギャラリー睦月にて
11:00〜19:00(最終日17:30まで)
5/25日(土)、26日(日)仁平幸春さん、甲斐凡子さんが来場

染色家・仁平幸春氏が希有な染色家であることを私達(睦月となか志まや)は常に感じて来ました。彼の作品表現の多彩さ(古典、抽象、モダン)とその完成度、与えられた素材に対する正確なアプローチとそれを開花させる力、西洋レース柄を和用になど、様々な古典への新しい試みの先駆者であり、一人の染色作家としては想像出来ない程、様々なジャンルな文様を染められています。そしてそのどの作品も、絵画的な美しさだけでなく(勿論単独でも美しい)、素材、作者、受け手、環境つまりは社会との関係性において、その美しさが取り合わせされることにより、さらにその美しさを増幅させる作品なのです。これは著名な染織家の師から受け継いだもの、またはどこそこの団体に認められている、、、などという事とは無縁の、仁平氏が独自に辿り着いた仁平氏だけに可能な染色の世界なのです。まさに希有な染色家と言えるのです
私達が願うことは、どうか一人でも多くの方に彼の作品に触れて頂きたい、そのときは何の知識も要りません。ただお客様とその作品の間に何を感じるか、その関係性、その声に素直に耳を傾けて頂ければ最高の幸せです。

           きものギャラリー睦月 横山てる美
           なか志まや      中島寛治

会場へのアクセスは下記リンクにあります。
DMをご希望の方はメールにてお申し付けくださいませ。
お送りさせて頂きます。

http://www.mutsuki-kimono.jp/access.html


●2013年05月05日(日)

『仁平幸春展』のお知らせ

5/24(金)〜28(火)

11:00〜19:00(最終日17:30)

きものギャラリー睦月にて
〒501-6032 岐阜県羽島郡笠松町江川112
080-3612-3578

http://www.mutsuki-kimono.jp/index.html