TOP お知らせ 店長日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

店主中島の、習い事など趣味のページです。

2018年07月のよく遊べ
[過去のよく遊べ一覧]
●2018年07月15日(日)

志賀松和子さんの絹織物

美しい絹織物をずっと追い求めて、一つの完成形がまた出来上がりました。経て糸は偏平糸生糸、緯糸は半練糸の組み立てです。(画像では裏側が見えています)
生絹(経生緯生)の平織り、次に綾織り、そして撚糸、精錬など、染織家でありながら、化学者の立場でも研究を重ね、絹研究の同志を尋ねて自分の作品を作られて来ました。

この反物は『むっくり』、生地を触って頂くと分かるのですが、生絹使いでありながら生地のふくらみを感じます。それがとても心地よい。垂らすとなんとも言えない光沢感が無地絹織物でありながら、品格とドレッシーさを感じて頂けるはずです。

志賀松さんの作品を当初から仕立てて頂いている一衣舎の木村先生にも、最高の布とお褒めを頂きました。

次作の色は『大理石ホワイト』と『シャンパンベージュ』、糸質も組織もさらに新しい試みにチャレンジしています。

●2018年07月11日(水)

着物 織司なかむら 毛万筋風通織
袋帯 美術工芸 啓(ひらく)
帯締 京都 さくら

毛万筋風通はスーツ感覚、啓さんが格子を作るとハイファッション。作り込みも計算されていて、モダンな配色の帯締もよく合います。

着物は単衣仕立てにして、秋単衣後半からでも。勿論、袷仕立ても良いです。同系濃淡の色糸で縫紋を入れてお茶席でも使用出来る着物になります。

●2018年07月08日(日)

『夏の御所解帯、そして秋単衣前半に』

夏の御所解帯、盛夏は勿論ですが、9月前半のまだまだ暑い単衣の時期にもお勧めします。着物は端正なシケ引き、単衣仕立てにします。

●2018年07月07日(土)

着物 シケ引き 淡青灰
帯  御所解

着物は単衣仕立て、9月前半の秋単衣として。小物は秋向き仕様でセレクトします。