TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2006年02月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2006年02月26日(日)

     気っ風市 始まりました! 3/5(日)まで

 初日にたくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。
 いつも事ながら、狭い思いをさせて申訳ありません。
 店主がお相手をできないときは、なか志まやの馴染みのお客様が、初めてのお客様
 のお相手までしていただき、着物を着るうえでの知恵、または、なか志まや的な
 コーディネイトまで提案していただきました。(S様 B様感謝致します!)
 本当にありがとうございます。

 あいかわらず、店主の好きなものだけの品揃えとなってますが、どうか気楽に
 ご覧になりにいらしてくださいませ。

 画像は、初日の夜、、、、片付けをしたあと。
 マネキンが着ています、道中着は、昨年のAXISでの展示会に出品したもので、
 羽裏はデジタルで染めたものが付いております。
 未着用の仕立て上がりですが、お手軽な価格にてご提供いたしますので、どうか
 ご覧になってくださいませ。

●2006年02月17日(金)

気っ風市 SALE

2月25日(土)〜3月5日(日) AM11:00〜PM7:00
なか志まやにて

 春を待ちわびる気持ちからなのか、やさしい雰囲気のコーディネイトを
 楽しみたくなりました。
 早春の光のような白と、雪解けに芽吹くアースカラーと。
 あくまでも、なか志まやらしく都会的に、
 やわらかな光沢感を持つきものたちをご提案します。  

●2006年02月13日(月)

   一衣舎さんの本!

 『きものの仕立て方 頼み方』が、きものサロンの特別編として出版されました。
木村先生から、色々お話を聞いていて、早く手元に置きたいものです。きものサロンで3年近くに渡り連載されていたものを、ベースに色々貴重な情報が満載らしいw

 仕立てが要!
13年前に独立したとき、まず相談したのが一衣舎の木村幸夫氏です。
ここで、僕がどうこう言うまでもなく、着物ファンの方なら、その仕立てのよさ、一衣舎オリジナルの『衣(きぬ)』達、のことはよくご存知でしょう。

ここ数年は、『自宅で手洗いできる天然素材の下着やきもの』をテーマに
全国の織元も廻り、あらたな布の開発。一衣舎独自の考え方や仕立ての技をベースに
糸、織、染を選び 創りだされる着物や下着は個展等で発表され、今では着物ファンの憧れの的であります。

 そんな木村幸夫氏監修の本!

 ここで、しっかりご自分の着物寸法のこと、仕立てのことを勉強して
知ったかぶりをする、罪な呉服屋さんをぎゃふん!て言わせましょ(爆)
ああ、僕は勘弁してください。知らない事は、一衣舎さんに電話して聞きますから、、、w 僕もこれで勉強します!

PS:書店に走る前に、僕は一衣舎さんのアトリエに走ろう!(呉服屋だからw)
サイン本にしてもらおう(笑)
ちなみに、着物姿の女性も、僕のHPに登場されてるかた。
なかなかいい感じに撮れてますねw
そして、、、、

この帯、、、、、今年の春は、長野に行くぞ〜!

●2006年02月03日(金)

『J-WAVE NISSAN MURANO TOKYO LABORATORY』

http://www.j-wave.co.jp/original/tokyolaboratory/
   (コピー&ペイストしてください) 


J-WAVEの番組で、小山薫堂さんと東野みさとさんがやられている番組の対談に
2/2に出演して参りました。
 『東京で日本の美にふれよう』というテーマのもと、着物について少し語ってきました。簡単な内容は、J-WAVEのサイトに出ていますので、もし宜しければ、みてやってください。自分の顔を見るのもなんか嫌な感じwがしますが、声だけ聴くというのも、かってない恥ずかしさに、放送日には襲われたものです。
 中島をご存知で、もしこの放送をお聴きになられた方、、、、
僕の第一声をお聞きになり、爆笑されたことでしょう!事実、僕もおいおいってw

 生まれてはじめての経験で(テレビ出演は、ワーズワースの庭で で経験済み)
したが、とても貴重な経験でした。呉服屋としての、僕のスタンスの少しでも話せたかもしれません。収録の後、東野さんから『話足りませんでしたか?』と労いのお言葉を頂きました。たぶん、収録しながらどんどんテンションが上がっていったのが、
分かってしまったんでしょうw

 思えば、お店でも結構、語りますね〜汗
よくご存知だと思います。顧客の皆様w

 そして そろそろ、気っ風市の時期がきました。