TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2005年04月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2005年04月19日(火)

    ゴトウヒロシ パリでの個展

 親友であり 遊び仲間であり 着物をよく理解し 和を愛する男!
人は僕の愛人と呼びますが(笑)、彼がパリで個展を終えて帰ってきました。
この画像は設営が終わった時のものです。
 今回は パリと日本の男の子を題材にしてあります!
『KENGO』から始まったゴトウさんの人物表現は、ここに集大成があるように思われます。もちろん、着物姿の日本人の男の子も登場します。
 以前、ここで日記にもアップさせていただきましたが(実はこれは、エラい事!。。。ごめんなさい、ゴトウさん)
 着物を知ってる男だからこそ、表現しうる質感があります。
それは、古典の日本画にみる着物の表現方法とは明らかに違いながら、それでも、日本画を思わせる素晴らしい出来です!
 先日、パリからの帰国直後電話して、この絵を買い取らせていただきました!
前にゴトウさんの絵を評して、液質感という言葉が使われているのを見た事がありますが、デジタルな手法に、生命を吹き込める彼の絵には、ただただ、、、、
『えらいね!』としか言えませんw

 そんな彼の個展が、東京、原宿であります!
詳しくは、、、、、、、
http://www.haili.com/gallery/  (コピー&ペースト、お願いします!)

必見です! さらに、このパリでの個展の模様と 彼の手法が本になるなんて!
まるで『一粒で二度美味しい!』グリコのようだ!

●2005年04月12日(火)

一衣舍・春展
「織る人 着る人 縫う人の出会い」
布を追い求めていると色々な人に出会えます
春展もまた新しい布ができました
新しい人も参加されます
定番の肌着からきものまで全て水洗い仕様です
皆様にお会いするのを楽しみにしております

 ご存知、一衣舎さんの個展が始まります

4月13日(水)〜17日(日)
10時〜19時(最終日17時)
ギャラリー陶花
練馬区豊玉上1ー19ー14
TEL 03-3992-1197

 西武池袋線江古田駅南口徒歩3分
 地下鉄大江戸線新江古田A2出口 徒歩7

http://www.kt.rim.or.jp/-ichieya/ (コピー&ペーストでお願いします)

 上の画像は この個展に出品される麻の襦袢の織上がりを 真矢さんと拝見してるところです。真矢さんの着物本で 一衣舎さんにもご協力をいただきました。
 しかし、ここにくると 唸るもの、、、、、あります(笑)
呉服屋の私がいうのも 何なんですが、、、、
『布』に気持ちを感じられます。情熱というのか、こだわりは勿論なんですが、
人の手のあたたかさを感じます。
 店主日記にも書きました『糸』の歌詞に出てくる『布』のイメージです。
それは 問屋さんを廻って探せるものではありません。
 やはり 人と人が織りなした『布』なんでしょう。。。。。。

 必見です!