TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2003年03月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2003年03月26日(水)

   個展の題字
 
 大場さん、ありがとう!
とてもいい字です。呉服屋なのに、とても自由で、柔軟性が感じられて、でも品格もあり、でもやっぱり遊び人ぽっい!
 これは、ゴトウさんのイメージ?それとも岡さん?たぶん中島の理想とする『なか志まや』?
 呉服ていう言葉、とても古めかしいのですが、何故か好きです。
  この題字を書いてくれた大場さんの素敵なホームページもみてください。きものがお好きな方には特におすすめです。
http://www.toshoya.com/
コピーアンドペーストでおねがいします。

●2003年03月25日(火)

岡達也&ゴトウヒロシニ人展 『呉服なか志まや』の告知

 ゴトウさんが個展の告知ページを作ってくれてます。そのなかに、浴衣の柄も数点でています。どうでしょう?よくないですか?それに、個展の題字、すごく良くないですか!
 なんかこれを見ていると、わくわくしてきました。でも冷静に考えると、まだまだ、中島もやることあるのでもう一度、集中しなおさないと!こんなに斬新な浴衣、帯はどうするの!楽な考えしないようにしなきゃ!
 でも、俺、こんなトレイナー持ってたかな?

 http://www.haili.com/gallery/index.html
ここを、コピーアンドペーストして御覧になって下さい。

●2003年03月23日(日)

春、到来!

 あったかい!陽射しが気持ちいい!
こんな日のきもの姿を想像すると、この諸紙布の帯を締めた着姿になります。この帯の中にある色が、なか志まやの基本色のようで、大好きな一本です。米沢の玉虫正直さんの作品。産地で仕入れしてきたものですが、まだ嫁入り先が決まってません。
 もっともかわいい娘が家にいてくれるのはうれしいのですが、すこし心配にもなります。私の娘もこの春、中学入学、ほんと月日が過ぎるのが早い、びっくりするほど、、、、 

●2003年03月19日(水)

プレス用の案内ができたので、少し長いですけど見て下さい。
 
岡達也・ゴトウヒロシ二人展「呉服なか志まや」
5月23日(金)より5月28日(水)
神楽坂アユミギャラリー
新宿区矢来町114(地下鉄東西線神楽坂駅真上) TEL 03-3269-1202
協力:静岡パイオニア株式会社、有限会社センスなか志まや、
   芝崎るみ(RUMIX)、株式会社フロント

CG作家、岡達也・ゴトウヒロシによる
浴衣のテキスタイルデザイン展。
普段、広告、ブックデザインの分野で活躍する二人が
ギャラリーに畳を敷き仮想の呉服屋「なか志まや」を仕立てて
CGで制作した浴衣のテキスタイルデザインを展示する。
二人とも不慣れな分野で悪戦苦闘するも
従来の浴衣デザインにはない斬新な柄を完成。
現物の仕立て、反物と
大型ディスプレイに映し出すイメージムービーで立体的に展示する。
期間中はCM等で活躍する着物コーディネーター
中島寛治による見立で仕立て注文も受け付ける。
浴衣の他オリジナルデザインによる団扇、扇子、帯などグッズも展示予定。

岡達也
1961年和歌山県生まれ
1984年大阪芸術大学卒業
1985年第25回京都デザイン賞グランプリ受賞
1997年日本国立国会図書館関西館・建築設計コンペ、佳作受賞チーム
1998年作家活動開始
1999年パリにて作品展示会
「exposition UZU Paris 1999」を開催
2000年Grand Marche d’
Art Contemporain(パリ)に出展
2001年aiD’
en主催エスタンプ・ヌーメリック展(東京)に出展
2001年2001 TOKOHA CG ART・グランプリ木宮賞
2002年東京都写真美術館digital art展に出展
2002年東京にて個展「Tirages par Tatsuya OKA」を開催
2002年aiD'en主催Relais Gourmand展に出展
2002年ハンガリージャパンアート2002展に出展
http://www.uzu.info/
aiD’
en (エデン)、JAGDA会員
Association Internationale d’
estampe num屍iqe
http://www.aiden.info/

ゴトウヒロシ
1962 年名古屋生まれ。
自然をモチーフにした日本画的CGで活躍。
第1回Adobe Design Contest Adobe 賞、
第12 回日本グラフィック展ダニエラパラッツォーリ賞、
'94ART BOX 大賞奥村靫正賞、
2002JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)新人賞、
TIS(東京イラストレーターズソサエティ)#02ほか受賞少々。
新潮社、文芸春秋、角川書店、フランス書院、講談社などの
小説書籍装丁画、挿絵等を手掛ける。
個展、グループ展多数。
http://www.haili.com/gallery/
JAGDA、TIS、Digital Image、aiD'en会員

●2003年03月13日(木)

感謝!感謝!感謝!

 浴衣のデザインの締め切りが迫った日に、ゴトウさんの事務所を訪れ、催促のお話を、、、、よくTVなんかでもみかける、編集者が作家のところへ押し掛け、原稿の催促をする場面。
 その編集者の役を、呉服屋の中島がやっています。ときどき、俺って呉服屋の仕事、ちゃんとやってるかな?て思うことあります。そして、ゴトウさんも岡さんも、僕以上に自分の仕事のスケジュールの中に、浴衣のデザインを描く作業をやってくれてます。ほんとうに、感謝!×3

 そして、ゴトウ氏、なんときものの生地に柄を描く、といいはじめてます。『うっ嘘!マジで!』
まだ、なにが出来上がるか分かりませんが、うまくいけば、個展で発表できるかも!
 彼の筆のタッチをうまく生かせる正絹の生地があるかどうか?
『和紙からアパレルへ、そして呉服へ』

 いったい、どうなってしまうのか!BYガチンコ風

●2003年03月09日(日)

岡 達也&ゴトウヒロシニ人展『呉服 なか志まや』

 二人のグラフィックデザイナーによる、デジタル浴衣。
そろそろデザインが上がり始めています。仕上はまだまだこれからですが、呉服屋魂を揺さぶられるデザインが出来てきています。皆さんが考えている浴衣を、いい意味で裏切り、古典でありながら、全くあたらしい試みをしています。
 5月23日より、神楽坂のギャラリーにて展示、受注即売いたします。どうぞ御期待下さい。もちろんなか志まやは帯を用意しております。既成概念にとらわれず、自由な発想でものつくりをするつもりです。二人のデザインに負けないように、、、

●2003年03月07日(金)

岡 達也&ゴトウヒロシ『呉服 なか志まや』展

 5月23日より、神楽坂で発表される、デジタル浴衣。
ここですこし、ネタばらし。(ゴトウヒロシさんのホームページにも出てます。http://www.haili.com/gallery/bbs/index.html)
すみません。こぴー&ぺーすとして下さい。そして、
  彼のギャラリィ−覗いて下さい。透明感が伝わるかな?
そして、昨日メールでとどいた、『睡蓮』の浴衣、、、、、
 なんか、心のなかが、ざわつきます。
 
 これは、菊水という題です。

●2003年03月06日(木)

  岡 達也さん

 5月下旬に神楽坂のギャラリーで行われる岡 達也&ゴトウヒロシニ人展『呉服 なか志まや』の岡さん。そろそろ彼の事をいじろうかな、なんて考えています。ゴトウさんと同じく、中島なりの愛情表現で、、、、
 それに、実は共通の趣味がありまして、ここで書くようなことでもないのですが、二人で話すと結構盛り上がります。まして岡さんはデザイナー。僕と違いある種、美学があります。それに懐が深い。彼のコレクションをみて、思わず唸りました。
 いま、岡さんも通常の仕事の締めきりと、浴衣デザインの締め切りに追われ、てんてこ舞い。だけど、なんか凄いものがでてきそうなんだな、これが。

 まったく異業種、友人でもあり、お客様でもあり、いち呉服屋の主人としては、ふつうは考えられない人たちとの関係で、なか志まやは成り立っているのだとつくづく思います。



 

●2003年03月04日(火)

博多の夏帯

 単衣、夏物用の博多帯が充実してきました。
これは、イメージ画像なので、現品がなか志まやに届き次第、どんどんお知らせします。今回は、かなり自信あるもの、揃いました。あとは、夏物の着尺をもう少し、、、
 でも、かなり、全体像が見えてきました。やはり、夏物は楽しい。

 岡 達也&ゴトウヒロシニ人展『呉服 なか志まや』もあるし、今年の夏は大変だぁ−!