TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

年3回ほど行う、なか志まやの売り出しの模様です。

2008年02月の気っ風市
[過去の気っ風市一覧]
●2008年02月13日(水)

        2008 春新作染めと織り&気っ風市

     2月16日(土)〜24日(日) なか志まやにて
     11:00〜19:00(ご連絡あれば延長可能です)

   定番の御召はますます色に磨きがかかり、他の織物とは明らかに違う
   透明感が表現できるようになりました。黒はただの黒でなく白はただの
   白ではなく、豊かな光を映した生地です。また、さらに染めの加工を
   施し、従来の御召しにさらに奥行きを持たせた新感覚の御召しも登場します

 

●2008年02月11日(月)

   2008 新作 織  『織楽浅野』より

 メジャーな着物雑誌、ムック本でも必ず登場する帯ブランド『織楽浅野』
有名な専門店やスタイリスト、着物記者、そして消費者の皆様もよくご存知だと
思います。袋帯よりも九寸の名古屋帯がよく掲載されているようです。
 今回の展示会には、織楽浅野の帯はもちろんですが、ここの着尺が登場します。

経糸に極細の練絹糸、緯糸に手引きの真綿紬、地緯の真綿を一色ではなく、手染め
による三色の色糸を用い、ランダムに織り上げ深みのある織り味になっています。
そして、さらに微塵な小紋を重ねて、引き染めも交えるという手の込んだ着尺
しかし、仕上がりは、あくまでシンプルにさりげなく仕上がっております。
 生地の強度は確かめてあります。経緯真綿、いわゆる結城の無地以上に
豊かな表情をもつ逸品だと思います。

●2008年02月10日(日)

     2008 新作染め織り

 今、惚れ込んでいる帯の一つに、風通、紋織、上代お召し三種を合わせています
 お召しは、スマートカジュアルからライトフォーマルまで帯次第で、様々な
 シーンでお召しになれる素材です。なか志まやのセレクトは、透明感を重視し
 モノトーンもアースカラーも、いまの生活空間に溶込みながら、圧倒的な着姿を
 演出できる一枚となると思います。(雑誌のコピーみたいだ・・・爆)

●2008年02月01日(金)

    2008 春の気っ風市 2/16(土)〜24(日)

  店を見渡せば、自分の好みが如実に見えますが、前に何処かで書いたように
着物姿のベースとなる着物のポリシーを変えずに、合わせる帯に幅を持たせようと
意識的にしているように思います。
 画像は、柄の部分を印伝の技法を用いて従来のなか志まや好みの帯ですが、昨年の仕入なので、思い切った気っ風価格にしたいと思います。
 着尺は、風通お召大格子と本手紡総絣紬着尺です。