TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

年3回ほど行う、なか志まやの売り出しの模様です。

2003年06月の気っ風市
[過去の気っ風市一覧]
●2003年06月05日(木)

   思えば 、、、、

 名古屋のお客さんは、べっぴんさんが多かった。
とにかく、次から次ぎとお客様がいらしたので、そのときはとても余裕なく大したお話も出来なかったけど、いつか、こんどはきものを(なか志まやの)着てほしい方ばかりでした、、、

 でもお一方、きつーい名古屋弁でまくしたてられました。3年くらい前に出張販売させていただときに、紬の着尺を作って頂いた方、、、『どえりゃーひさひぶりな、はっ』

 名古屋はべっぴんどころ、、、です。

●2003年06月04日(水)

6/1 名古屋 ペネロープ パリ テピィオンにて 

 ゴトウヒロシ 新作 ひまわり、、、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、向日葵!

●2003年06月03日(火)

名古屋にて

 ゴトウさんの浴衣、『彼岸花』
イメージムービーでもこの浴衣は、艶っぽい印象にコーディネイトしたのですが(http://aiden.info/nakashimaya/のイメージムービーを参照)
 じつはこの浴衣、年齢層が、かなり広いです。
15才から40才まで選ばれてます。この方は、年齢は推測できますが、知りません。でもこの麻の小袋帯がこの方のイメージにすごく合いました。大人ですが、すごくチャーミングな感じが、この帯で表されているように思います。

●2003年06月02日(月)

6月1日、名古屋ペネロープにて

 名古屋ではこうして、帯、下駄、小物とフルコーディネイトされる方が多かったです。友人のスタイリストの方の手伝いで、いい感じものがつぎつぎと決まっていきます。和服、洋服にかかわらず、プロのスタイリストがいると本当に助かります。
 そういえば、彼女が5年前くらい前に、なか志まやで一目惚れして作られた、白地に黒の細格子の手織の紬、刺子の黒の帯のコーディネーションは、今みても素晴らしいからなぁ!
 セレクトする目のセンスは、結局どれにも通用しますね。

●2003年06月01日(日)

名古屋、ペネロープにて。ゴトウヒロシ浴衣展

 5月の『呉服 なか志まや』展でのゴトウさんの浴衣の展示会を名古屋で一日だけやりました。ゴトウさんは、名古屋出身で、数年前まで名古屋でグラフィックデザイナーとして活躍されていました。ここのショップは、お友達が経営されていて、昨年から
ゴトウさんの絵がプリントされた洋服も、オリジナルで展開されてます。そんなこともあり、昼からお客様が絶えること無く大盛況!中島もコーディネイトにバタバタ、ついにはデザイナー自らもこうして手伝ってくれました。
 和紙の反物見本だけでも、こうしてどんどん決まっていきます。地元でもあり、友人も多かったので、東京と違いリラックスしてできました。限定で招待されたお客様が多く、皆さん選ぶ気まんまんで、ある意味すこし圧倒されましたが、センス良い方が多く、短い時間で決められていくのが印象的でした。