TOP お知らせ 店長日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

店主中島の、習い事など趣味のページです。

2014年12月のよく遊べ
[過去のよく遊べ一覧]
●2014年12月24日(水)

12月24日着 クリスマスプレゼント

京都の志賀松和子さんから、あたらしい着尺が到着しました。
先の2作とは、生地の風合いも全く違います。使用した繭も違います。組織も違います。染料も違います。

一つの作品ごとに、打ち合わせをして、要望を伝え、それを繭の段階から考える。これは本当に凄いことで、なおかつ、今回、布はあきらかに進化しました。前回の2反は生絹(きぎぬ)の単衣バージョンであり、今回は袷用のバージョンです。

どの分野でも同じことが言えますが、染織の世界でも、あるレイヤーに属し、ある文脈を持ったものが、どうしても、まず良しとされ、それを枕詞に販売、購入されることが多いので、それに沿うことも、専門店としての在り方でもありますし、ある部分はわたしも同じです。

しかし、なんの前知識もなく、どこの層にも文脈にも属さない、ある無名の1人の染織作家の布を見て、『これだ!!!』て感じることはあるのです。呉服屋を長くやっていても、そう感じることはそう多くありません。しかし、彼女の布には『それ』がありました。

今年の始めから取り組んで来て、ひとつとして同じものがなく、次はどうすると頭を悩ませますが、今回の反物を見て頂く分かるのですが、これは非常に頭を悩ませた組織だったと思います。

単純なのに、もの凄い緻密に手が入ってる、、、と言えばいいのでしょうか。。。

ご自身で生繭、乾繭から糸を挽き、糸は無撚、撚りを自在に操り、身近な草木で染めて、、とまず彼女のことを紹介してしまいますが、今回のこの組織はさらに凄いです。そこを見て頂いたですし、この絹の艶やかさ、滑らかさを感じて頂きたいです。

出来立てのほやほや、これ以上あまり多くは語りません。とにかく縁があって、この布の美しさに共感して頂ける着手をひたすら待つことにします。下の画像は、仕上げの『湯通し 天日干し 砧打ち』の頃のものです

●2014年12月23日(火)


●2014年12月17日(水)

師走のきもの

普段使いに着物をお召し頂く方にとって、濃い色で真綿糸使いの着物は、軽く暖かく重宝します。着物は白たか織の経緯真綿紬、乱絣縞です。色は藍を感じる黒とでも言いましょうか。

帯は真綿糸と玉糸使い、モダンな格子柄をグレーの濃淡で織り上げています。この帯は九寸名古屋帯ですが、日常的に着物を使われるなら半幅帯も良いでしょう。

そして、近くに買い出しに出かけたり、台所に立たれるなら、やはり白の割烹着をして頂きたい。いつまでも残したい、美しい着物姿の一つであります。

●2014年12月06日(土)

生絹(きぎぬ)NO.3が進行中

なか志まやだけのオリジナル着物や帯として、志賀松和子さんにお願いしてる生絹(きぎぬ)の途中経過が送られてきました。

今回は『ぐんま細』の秋繭から挽いた糸を、桜でそめた美しいグレーの無撚生糸を使っています。無地のようにみえるけど、角度で縞が浮きあがる着尺です。

なんとか年内に織り上がると嬉しいのですが、、、先ほど連絡したら織りの具合は良いとのこと、でも今からガンバ大阪の応援をする!と。なんとかガンバのJリーグ優勝が決まったので、今日からまた、気持ちよく織り進めてくれるはずです。

●2014年12月05日(金)

志賀松さん自身で、繭から糸を引き、山桜で染めた糸。


●2014年12月04日(木)

今日の設え

着物姿でご来店頂いたお客様専用のスリッパをご用意しました。
京都・祇園ない藤製です。
はじめてこのスリッパを見た時から、足袋の方に合うデザインだな〜と、それと着物姿にも似合うのではと思ったのです。

お話を聞くと、日本建築の様式の沿ってデザインされたとのこと。
本来ならば、数寄屋造りの立派な豪邸や、高級旅館が似合うスリッパなのでしょうが、お洒落は足元からと言いますし。。。

わたしの店はマンションの中にあり、玄関先で靴、または草履を脱いで頂いてフローリングに上がって頂きます。今迄も勿論スリッパはご用意させて頂いていましたが、洋服の方はまだいいのですが、足袋の方は多くの割合で、スリッパは履かなくていいわよ〜と言われることがあります。

床は定期的に水拭きしていますが、どこか申し訳なく感じていました。実際、足袋で洋装のスリッパはどこか不自然ですし、脱ぎ辛いというのもあります。このスリッパがその問題の根本的な解決になるのかは、これからご来店頂いたお客様のご意見などを聞かせて頂こうと思っています。

なにより、これ可愛いですね、、、と積極的に履いて頂けるような気がしますし、履くと足袋との相性もよく、フェルトの底は優しさを感じますし、裏にある丸く赤いフェルトが可愛くて楽チン、フローリングの上で滑らかな動きが可能です。きっと女性の着物姿にも似合うと思います。『和のスリッパ』是非、お試しください。

●2014年12月03日(水)