TOP お知らせ 店長日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

店主中島の、習い事など趣味のページです。

2010年12月のよく遊べ
[過去のよく遊べ一覧]
●2010年12月24日(金)

さて、、、数学的で、硬質な着物(お召に代表される)を信条としながら、やはり手の温もりを感じる織物にも心が揺らぎます。これは光佳染織さんの織り見本裂。

なか志まや用に織って頂くために送って頂きました。なか志まやの好みにあわせて綾織りが中心でしたが、以前の手織八枚綜絖を織って頂いたときよりも、作風に好みのものが多いのが嬉しい。どれも織り味が柔らかく、はじめて袖を通した時から身体に馴染む、糸の引き方と打ち込みの手加減さが絶妙な織物です。

織物に透明感を求める!というのは昔からの信条です。今年の後半は、染めに奥行きと揺らぎを求めてきました。どちらにも求めるものは、生地の奥行きです。2011年からはさらに、なか志まやの奥行きを構築出来るように、全国の産地、そして作り手と立場を同じくして、なか志まやらしい着物を提案して行きたいですね。

●2010年12月12日(日)

月帯と印銀更紗着物

太鼓の満月はこんな感じ。。。
更紗の草、花の密林に浮かぶ月のようにみえます。。。画像では見え辛いですが、帯の地紋も月の中も
揺らぎがあって、水面に浮かんでいる月のようにも見えます。

印銀の作業に数日掛かってる様子は、ツイッターなどから知っておりましたが、こうして細かい作業をじっくりと拝見していると、着物に品格とゴージャス感、そして奥行きをもたらしているのが、細部にまで神経を使い、描き重ねられた末に確立された着物なのだと実感します。