TOP お知らせ 店長日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

店主中島の、習い事など趣味のページです。

2008年12月のよく遊べ
[過去のよく遊べ一覧]
●2008年12月03日(水)

     マンハッタンからのお客様


 『パリジェンヌのきものはじめ』という本でお馴染みのマニグリエ真矢さんをはじめ、外国の方に着物、または浴衣を作らせていただくことが多いなか志まやですが・・・数日前は、びっくりしました。

 お店に入ってこられたのは、ダンディな着物を着こなした外人の男性!
隅々までチエックさせていただきましたが、いやー!コーディネイトも着こなしも
見事!そして、いちばん驚いたのは、生地を見る目の確かさ!

 少々の着物好きな男性では到底叶わない、その審美眼には驚きました。
職業などをここに書けば、分かる方には分かってしまうので伏せますが、
たとえ、生地の固有名詞など日本語で理解しなくとも、彼の手とその目が、着物好きなことを雄弁に語ってくれます。

 こちらも嬉しくなって、とにかく通訳できない情報量をつい語ってしまいます。
彼が目を付けた中に、当然、なか志まやのお召の変わりどころもあったのですが
彼が、どうしても夏の格子状のお召が気になる!とのこと。
 ただし、それが裄が出ない反物でしたので、すぐに一衣舎さんに相談の電話いれました。いくつかの方法論と注意点を彼に伝えながら、、、

『いや、まてよ・・・彼は一流の呉服屋で今迄、たくさん着物を作っている。だけど、いままで一流の仕立て屋には遭遇していないはずだ!着物は仕立てで全てが決まることを、いつか彼も知ると思う。こんな店に彼が来た必然は、採寸、生地の見立て
仕立ての重要性を、知る為だ!ここは一衣舎さんに連れて行かねば!』

 熱烈な思いが生じて、彼に仕立ての重要性を説き、では明後日に一衣舎へお連れしたいの旨を、快諾していただき、彼を車に乗せて江古田に行って来ました!

 世界中で洋服を楽しみ、日本に滞在するときのみ、着物をたしなむ!
誰にでも出来ることではありませんが、彼のセンスに、着物がマッチしてくれたことに、本当に喜びをおさえることが出来ません。次に来日されるまで、呉服屋として
最良の仕事が出来れば良いのですが、もし次に彼と縁があるなら、僕は何を彼に伝えてあげることができるだろうかと思います。

 質の良い生地は、日本には山程あり、有名店でいろいろ見ることもできるでしょう
でも、なか志まやだけが、伝えられることは何か!それを考えるとすこし、にんまりとしてしまうのですが、彼とはいつか、着物をきて、大いに遊ばせて頂けないかと
真剣に思います。

 NOVA行こー!  あっもうないか・・・・