TOP お知らせ 店長日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

店主中島の、習い事など趣味のページです。

2005年04月のよく遊べ
[過去のよく遊べ一覧]
●2005年04月15日(金)

    近代能楽集 作=三島由紀夫 演出=蜷川幸雄
    『弱法師 YOROBOSHI』 藤原竜也/夏木マリ 他
  
    彩の国さいたま芸術劇場 6/1〜19
  ニューヨークリンカーンセンター・フェスティバル正式招待作品  

 なにげに携帯にマリさんから電話が入り(ちょっと自慢w)『家庭裁判所の調停委員役で着物なの!お願い』と来たので、マリさんの着物ならと思い、『分かりました〜!!!』と受けたのはいいが、パンフレット見て初めて内容を理解して、
『蜷川さん?三島由紀夫?。。。。ニューヨーク リンカーンセンター・フェスティバル正式招待作品!!!!???なんじゃこりゃ〜!!!』
 今になって、『俺でいいの〜〜〜〜?マリさん!!!!』
マリさんの、六本木の『うどんやさん』のオープニングパーティーの着物とは、
分け違うよ〜〜〜!!!!

 はて、どうしたものか、、、、マリさんは相変わらず、豪快に大丈夫というが、、、、、二日後、見せた生地も一発OK! マリさんと僕のイメージの食い違いなく、マリさんらしいスタイル(でも時代は戦後の昭和、、、時代衣裳は苦手というか、したくない、、、泣のでなか志まや風に解釈して)   でも

 本当にこれでいいのだろうか!
いや、この『布』見た時、直感したじゃないか!『これに違いないって!』
『俺は天才だ〜!』てw、、、、、、でも

 本当にこれでいいんだろうか!

マリさんも 僕に頼むなんて、ギャンブラー過ぎるよ。。。。(爆)
(稽古初日までの間、、、、不安は続く。。。。。。。)

●2005年04月11日(月)

   花柄がない呉服屋、、、、汗

 経て 緯 斜 丸で構成された着物や帯 染め 織のものを中心に扱ってきたなか志まやです。相変わらず自然の季節の移ろいを題材にしたものはほとんどありません。それは自分のコーディネイトがニュートラルな状態の方が心地よいと感じていたのと、この方が、お客様が長く愛用していただけるのではないか!という一つの自分なりの結論によるものです。
 古い着物や帯や小物などをみると 季節をしっかりととらえたもの、自然の世界をちゃんとデザインに反映したものが目につきます。

 今年の春は いろんな絵もみたし 音楽も聴いたし 花もたくさんみたようなきがします。今日はあいにくの雨!散り始めた桜もこの雨で、一挙に美しい緑の葉をつけ
次の季節に備えることでしょう。
 確かに 雨は苦手だけど 最近は恵みの雨のような気がします
さて 今日からまた 新しいスタート!しっかりと水分を吸収して 次の花を咲かせる準備しましょ!
 着物や帯のデザインは 相変わらずシンプルなものなんだけど 自分なりの花柄を表現できるようにしたいです。