TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2018年10月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2018年10月19日(金)

なか志まや秋冬新作展始りました!

10月26日(金)まで、12時から19時でやっております。
皆様のご来店をお待ちしております。
ご予約なくとも、ご案内状なくとも来店頂けますので、気軽にお出かけ下さいませ。
                

●2018年10月11日(木)

なか志まや秋冬新作展 
10月19日(金)〜26日(金) なか志まやにて
12時〜19時

和装において、『絹の美しさを最大限に活かすには!?』と常に心を砕いて、染織の作家さん、メーカー、問屋と協力を頂いております。その中で、『白』という色をどう表現するかは、最後に必ず行き着く問いのように感じています。

『白、そして』とでも言える隠れテーマを持ちながら、オリジナルの作品も含め、なか志まやらしい染織を揃えました。是非、ご高覧下さいませ。

*今回は勝山さと子さんの作品のデビューの展示会でもあります。兄の勝山健史さんとは違うアプローチで、絹織物の美しさを求められています。

<出品作品>
志賀松和子 勝山健史 勝山さと子 柳崇 柳晋哉 川村成 櫻井和子 京都小阪 洛風林 誉田屋源兵衛 北村武資 織司なかむら 白鷹織
下井紬 地機結城紬・結城縮み 等

●2018年10月07日(日)

なか志まや秋冬新作展 
10月19日(金)〜26日(金) 12時〜19時 なか志まやにて

着物 御所解文様附下・松竹梅
袋帯 北村武資 経錦 蔓花華紋

完成された世界観を持つ御所解文様は、和装になると呉服調が強く出たものが多く、現代の衣装としては面白味に欠ける場合が多いのですが、小阪さんが染めるとモダンさが出て来ますね。友禅も刺繍も全てが絶妙な処をついていて、今の衣装として通用する古典柄になっていると思います。

附下として文様は染められていますが、従来の無地場にも小紋調に柄が飛ばしてあり、さらりとした印象の中に可愛さがあります。地色の透明感と、枯れた青藍灰の配色に品格を感じる附下です。

箔を使わなくても、糸質と織りの上質感が出る帯を合わせて、静かな友禅の世界観に沿わせたいですね。

●2018年10月06日(土)

勝山さと子さんの作品

10月19日(金)〜26日(金)
なか志まや新作展 なか志まやにて

新作展には『勝山さと子』さんの作品を出品します。10月1日に京都で発表された作品を多数ご覧頂けます。兄である勝山健史さんとは違うアプローチで、絹織物の
美しさを求められています。御期待下さいませ。

●2018年10月05日(金)

『改 日月文錦 袋帯』

多くの語りが必要な洛風林の日月文錦袋帯、改。
1年以上かけて制作して頂きました。なか志まや新作展に登場します。

なか志まや新作展
10月19日(金)から26日(金)まで なか志まやにて

●2018年10月04日(木)

なか志まや新作展のお知らせ
10月19日(金)〜26日(金) なか志まやにて

絹の美しさを最大限に活かす、染めや織りの作品を集めました。
『白、そして』とでも言える隠れテーマを持ちながら、オリジナルの作品も含め、なか志まやらしい染織を是非ご覧下さい。