TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2016年10月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2016年10月22日(土)

『なか志まや 新作展』のご案内

秋めいてきますと美しい染織の技が活きる布を身体に纏いたくなります。
今年の秋には少し茶色のエッセンスを入れた着物や帯をご用意しています。
柳崇 柳晋哉 勝山健史 志賀松和子 仁平幸春 染の小阪 織司なかむら
白たか織・佐藤新一 地機結城紬 洛風林など、それぞれの染織作家または産地から
セレクトした美しい布達を是非ご覧下さいませ。
オリジナルで制作したものも数多く用意しております。無地感覚の着物に染め、織りの
帯が映える、永く愛用して頂けるコーディネイトを提案致します。

日時 11月5日(土)〜13日(日)
   12:00〜19:00 
場所 なか志まやにて

●2016年10月21日(金)

『なか志まや新作展』のお知らせ

11月5日(土)〜13日(日)まで、新作展をなか志まやで行います。案内状の発送があいかわらずギリギリになりそうですが、どうか宜しくお願い致します。

画像は無地感覚の絹織物、それぞれの染織作家が、すべて糸からこだわりを持って制作された作品です。そのほか、茶色がアクセントになった着物や帯などもセレクトしてあるのが今回の新作展の特徴でもあります。

*大きな画像は、facebookのなか志まや公式ページ、またはインスタグラムの
kimono_nakashimayaのページでご覧頂けます。


●2016年10月14日(金)

勝山健史 綺芙織(きふおり) 3色揃いました。

『新しい形の準礼装までの装い』としてもお使い頂ける勝山健史さんの着尺です。塩蔵繭の糸を使用していますが三反すべて内容が違います。

左 紺  経て縞 (ほのかな縞)
中 納戸 無地
右 焦茶 緯の縞 (ほのかな縞)

紺と焦茶の着尺は、今までの綺芙織とは違い、少しドレスダウンさせたような帯を合わせて、幅広い着用(スマートカジュアル)をイメージさせてくれる生地質です。色目もとても深さを感じます。これからの季節、そして長年に渡り愛用して頂ける一枚になると思います。

●2016年10月11日(火)

営業のお知らせ

10月18日(火)19日(水)はお休みを頂きます。
その他の日は、12時より営業の予定です。
また急に店を閉めて出かける事がありますので、誠に恐縮ですがご来店の前に営業時間などをお問い合わせ下されば幸いです。
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

画像は今日の店内、ぐっと秋めいてきました。総て染め帯で展示してみました。