TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2012年03月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2012年03月09日(金)

名古屋月日荘展終了いたしました。

会期中は雨模様が多く、肌寒くご来場頂いた方々にはご不便をお掛けした思います。すべては私の日頃の行いの悪さ;;ではないかと反省いたします。それにも関わらず東海のお客様は勿論、京都、または八ヶ岳からもお客様がわざわざ、この二人展を目指して来て下さった事には感激いたしました。

それぞれのお客様とじっくり話して、一衣舎、なか志まやの染めと織りを見て頂けたのではないか、、と思っています。もし何かお気づきの事がありましたら何なりとお知らせ下されば幸いです。

次ぎの月日荘展は今の処未定ですが、5/24〜28には、岐阜県郡上八幡にて、第二回となります『愚浄山房展』があります。

今回のテーマは『衣 和 住・(い と じゅう)』

昭和初期の名邸宅『愚浄山房』に、漆器、硝子、白磁、木工などの工芸品を、または前回は活用出来なかった素晴らしい茶室『山心亭』でのお茶のおもてなし、和花のインスタレーションまで、装いから住まうまでを楽しんで頂きたいと準備中です。

既にリーフレットは完成し、工芸作家の紹介などもふんだんに盛り込んだ内容となっておりますので、ご希望の方はメールにてお問い合わせください。

月日荘展の搬出のあと、岐阜の美濃加茂まで足を伸ばし、木工家・川合 優さんとの打合せと、郡上八幡の会場での再度の下見をして来ました。
昨年もちょうどこの頃、冷たい雨の中、郡上に行きましたが山々の美しさ、水の美しさはなんら変わる事なく、たぶん、5月に我々が行く頃は、また昨年のように素晴らしい気候で我々を迎えてくれるはずです。(日頃の行いをよくしよう;;)



●2012年03月02日(金)

名古屋・月日荘で3/3(土)〜3/7(水)まで『なか志まや・一衣舎二人展』です!                                    二人展の最大の良さは、『最高の採寸と仕立ての技術』と『布の見立て』が
同じ空間で提供出来る事にあります。なんといっても、日本で最高の仕立て屋・一衣舎さんと組んだ展示会ですから。
                                      一衣舎は木綿から紬まで、なか志まやは紬から織りと染めの着物まで、それぞれ『褻と晴』の用途を二人展ならではの解釈で着物を愛する方に見て頂けます。

『帯展』から日が空かず詳しい情報を上げる機会を失いましたが、なか志まやは
仁平幸春さんの『間道帯』『虎目染め着尺』などの新作も用意し、先日開催された『仁平幸春・松虫寺の600年椎の樹の色と西川晴恵の“織更紗”展』の作品も持って行きます。

仁平氏による染め額も、展示販売するという、まさに二人展を越えて
てんこもりで参ります。

西川さんの呉服以外の素敵な小物も多数持って行きます。
おそらく、月日荘展は今までにないくらいてんこもりな状態で参ります。

『和小物 さくら』さんの帯締・帯揚・草履なども上質なものを豊富に取り揃えておりますので、隅々までゆっくりとご覧くださいませ。

*詳しい情報を載せる時間と体力がもうありませんので、お許しを。。。

ではでは、名古屋近郊の皆様、お待ちしております。