TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2011年03月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2011年03月24日(木)

『東京きもの案内』という本に掲載されました。

雨宮みずほ 編著 光村推古書院より。3月23日発売。

昨年の夏前でしたか、雨宮様からお電話を頂いて取材させて欲しいとのこと。
今まで、着物にまつわるショップ等はいろんな雑誌で紹介されてきましたが、それをもう一度洗い直して、雨宮氏の視点で東京、近郊の着物、帯、小物、和裁、お手入れ、その他その他沢山のお店がエリアごとにまとめられています。

雑誌によく登場する処から、僕も初めて見聞きするお店も沢山あり、着物を始めた人から熟練の方まで、とてもよいガイド本になっています。
はじめて、なか志まやにいらしたとき、打合せ、撮影、経過そして昨日、弊店に来て頂いて本を頂くまで、一貫して編者雨宮さんには、着物に対する愛情と自分の脚でしっかりとその店なりの情報を掴んで、紹介するにあたっての最大限の配慮と心使いを感じました。

おのずと出来上がって来た本は、月並みな言葉ですがとても『よい本』でした。

弊店、なか志まやに対しては、最大限の賛辞の言葉を頂いておりますが、これを読むと身が引き締まる想いと、一種の武者震いをします。

昨月、月日荘二人展のDMで、今年は大きな変革のスタートの予感もしています、と書いていました。それが、この震災の事なのかは分かりません。
ただ、まだまだ不安な情勢のなかで、この本が手元に届いたことで、なにか『ホッ』とするもの、あたたかいものを感じました。

呉服専門店トップランナーのご夫婦の笑顔、僕が修行をさせて頂いた呉服屋の跡取り若夫婦、一衣舎の木村幸夫氏、そして仁平幸春氏などの姿写真も掲載されていて、少し笑ってもしまいます。
そして全く予想などしていませんでしたが、なか志まやとFoglia仁平幸春、RUMIXの芝崎るみが、エリアその他ページ64ページと65ページにまとまっておりました。
ここは、東京の着物関係でも特に尖っている人たちを集めました、とのことです。

一瞬、『ここはきっと中年一匹狼が、ここに集められたんだ』と思っておりました;;;本心は教えてくれませんでしたが、きっとそうでしょう〜。。。

そんなユーモアもある情報が、沢山載っております。
僕もここは行ってみたい!という処が沢山あり、これから時間のある時にチェックしたいですね。隅々までご覧になられた方がいいでしょう。

是非、ご覧になって下さいませ。
そして、是非購入して手元に置いてみてください。
多くの着物ファンに必ず役に立つ一冊です。





●2011年03月17日(木)

ご心配をお掛けしました。

気仙沼の身内の無事が確認できました。
ネットを通して見知らぬ方からの情報も助かりました。ありがとうございました。
まだまだ行方の分からない方がとても多い上に、原発の事故という不安も重なり、なかなか平常でいられない状況が続いていますが、それでも東京にいる僕たちがやらなければならない事は、いつも以上に多くなりました。復興に向けて活動を停止することは出来ません。
皆様の近しい方がご無事で、また新しいスタートが出来ますよう、心から祈っております。
どうかくれぐれも注意しつつ、日々をお過ごし下さいませ。
いつのまにか、桜が咲く季節です。
はやく暖かくなって、少しでも心が和む日本の風景を迎えたいものです。

●2011年03月14日(月)


3月11日、金曜、国内観測史上最大の規模を記録した東北地方太平洋沖地震が発生いたしました。この震災により多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます。同時に被災された皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。
 
弊店も身内が宮城県気仙沼市にて被災し、未だ安否が確認出来ず、テレビ、ネットでの情報に頼るしかないというもどかしい日々を送っております。

東京でも様々な影響を皆様も肌で感じていらっしゃると思いますが、着物の業界でも物流などの混乱をはじめ、多くの問題が出始めています。仕立物が発送できない、受け取れない、納期が遅れるなど、なか志まやでもお客様にご迷惑をお掛けしていますことを深くお詫び致します。

これから個々のお客様にもお知らせしたいと思いますので、もし中島の不行き届きがありましたら指摘いただければ助かります。

着物は我々にとって必要なものだと、なか志まやは信じております。これからも創造されていくだろう、日本人独特の美意識を、僕が出来るのは着物という事に関してですが、これからも伝えていきたいと考えています。

時には、お客様にご不便をお掛けすることがあるかもしれませんが、お客様に期待されるほど燃える男です。着物を愛する方にとって、なか志まやとしてやれることを精一杯するつもりですので、何卒よろしくお願い致します。

          
              なか志まや 中島 寛治