TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2010年04月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2010年04月26日(月)

お知らせ

本日より28日(水)まで出張いたします。
お問い合わせ等は、店の電話に掛けて頂きますと、中島の携帯に
転送いたしますので、お手数をお掛けしますがよろしくお願い致します。

追記:京都 洛風林にて別注の帯の打合せの予定です。
   堀江麗子さん、勝山健史さんにお知恵を拝借して参ります。
   素晴らしい帯が出来上がるはず、御期待下さい。
   

   また、一衣舎・春展では27日〜30日まで一衣舎江戸小紋に
   洛風林の帯を展示してありますので、こちらも合わせて
   是非ご覧になって頂ければ幸いです。


               なか志まや 中島 寛治

●2010年04月01日(木)

一衣舎 春展 2010年

4月27日(火)〜30日(金)
『本覺山 妙壽寺 鍋島客殿』(区指定文化財)
157-0061 東京都世田谷区北烏山5-15-1

10年目を向かえる一衣舎展が開催されます。
場所は昨年と同じ、天気がよければとてもよい散歩道にもなるところ、今年も境内のツツジが美しい時期になると思います。
いつものDMと違い美しい仕立上りの小紋の画像がDMに。

一衣舎さんの個展といえば、布を愛するとても人柄の良い方々の真摯に取組んだ作品を見れることでも有名なのですが、この個展の格になるものは、仕立ての技術、総意工夫、生地の見極め、裏地へのこだわり、採寸の技術です。
これがあってこそ、綿という素材がとても魅力的なものになり、斎藤さんの唐桟も進化しましたし、藤井さんの更紗の帯はどこの工房とも違う愛着の湧くものになり、下着も着易く、長襦袢も長着も基本は水洗いが可能で、なおかつ生地の強度に対する目も厳しいものです。

普段着を愛する方にとって、これほど心強い処は他にないでしょう。
詳しい事は一衣舎さんのHP、または会場にてご覧になって下さい。

追記:なぜに江戸小紋のDMなのかは、一衣舎さんのHPで綴られているようなので
そちらをお読み下さい。一つの方向性を示されていらっしゃいます。