TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

なか志まやからのお知らせ

2007年03月のお知らせ
[過去のお知らせ一覧]
●2007年03月30日(金)

    着付HOMME&気っ風市Homme

始まりました!
広い会場に男物をコーディネイトした着物のマネキンが10体以上、そしてかってどこでも見た事がない数の男物着物が集まってます。
それこそ、腰紐から始まって草履はもちろん、かずかずのアイテムが広い空間に並んでます。すべてのアイテムをみるのに半日は掛かりそうです(笑)

 気っ風市Hommeの会場の奥には、着付HOMMEの会場が控えてます。
31日と4/1には、ここでかってなかった着付教室のはじまりです。
どこまで楽しんでいただけるか・・・頑張ります。

●2007年03月29日(木)

          助六 vol.6 発売!

 二玄社から季刊号として発売されている『助六』が今日から書店にならんでいます。『和』の手引きマガジンとして、毎回着物を取りあげていまして、今回は、
『キモノで変身!』という号です!

 そのなかに、まことに僭越ながら、
『なか志まやが伝授するコーディネトの妙』という男のキモノ特集がありますので、
よかったら是非ご覧になってください。

 ここで掲載されました、男着物も3/30、31、4/1の気っ風市Hommeの会場でほぼ見れますので、雑誌で確認していただいて実物もみていただければ幸いです。
 今日で、男物の着物のセレクトした商品の全貌が分かりましたので、明日、会場設営です!なか志まや史上、こんなに男物を集めた事がないのですが、あり過ぎてもまだ不安に感じるはおかしいものです。

 さて、どんな展示会場になりますやら(笑)

●2007年03月26日(月)

   着付HOMME そして 気っ風市Homme

 3月30日(金) 31日(土) 4月1日(日)

 着付HOMME講座は定員に足しておりますが、気っ風市Hommeは、いままでのなか志まやでの気っ風市と同じように、どなたでもご覧になれます。

 男物を集めています!
 男物着物のコーディネイトを出来るだけお見せできるようにしています。
 生地から小物に至るまで、様々なアイテムを集めています。
 この男物に合わせた女物の着物展示します。
 この男物着物を真剣に考えるハメになった、雑誌を発売日にあわせてお見せします
 
 そして、

 会場は、人形町の『ころもや』さんの2階特設会場。
 いままでのなか志まや、気っ風市より果たして、何倍広いのでしょうか(爆)

  あっ、、、Rumi Rock新作の浴衣も登場いたします!早!
  一衣舎さんから、素晴らしい半衿をはじめ、男帯も、、、
  米沢からくる男物は今の段階では未知数ですが期待大!
  なか志まや定番の男物御召しはカラーバリエーションが揃いました!
  などなど。。。。。

 というわけで、いまだアイテム全容が掴みきれていません。とりあえず
男、女問わず、ご来店いただき、その目でお確かめくださいませ。無理に進めるマネキンさんなどいる訳もなく、むしろ、お客様がかさなれば、いままでの気っ風市と同様、応対不足になるとおもいます。それでも、よろしければ、、、、、是非に。。。。皆様のご来場を心からお待ちしております。
 
          なか志まや 中島 寛治

●2007年03月19日(月)

     着付HOMME

 おかげさまで、3月31日、4月1日両日応募定員に達しました。
 応募してくださった紳士淑女の皆様、ありがとうございました。
 なか志まやだからこそ出来る、他ではけっして教わることができないような
 着付教室にしたいと思います。
 『男の 男による 女のための着付HOMME』

 たいへんおこがましいですが、先進国で唯一、いまだ民族衣装を日常着として
 愛でる事が出来るこの稀な国、日本の、本当の紳士を目指して女性の着物を
 より深く理解し、男と女の着物姿をもっと洗練されたものにしたいと考えて
 います。
 

●2007年03月16日(金)

       なか志まや HOMME

  4/1(日)の着付HOMMEは定員に達しました。
  ありがとうございます。

  3/31(土) まだ少し空いております。
  
着付HOMMEは、女性の着物を着付ける術を学ぶ講座なのですが、着付けを知ることが最終目的ではありません。この一回の講座でマスターできる方も、そうはいらっしゃらないでしょう。一番大切なのは、着物を着た女性をちゃんとエスコートできる術を学んでいただくことにありようです。
 着付け術は、総合着物術の中の一つに過ぎませんが、女性の着物を触れる自信と
その術は、他の日本男児より大きく差をつけるスキルと感性を養ってくれると信じております。
 あと残り定員、僅かです!ふるって応募くださいませ。

   
      気っ風市 Homme

今日も、生地屋と問屋などを徘徊しながら男物の着物についてかんがえていました。
ポリでも綿でも御召しでも紬でも、自分がいいなと思う物を探しています。

 今日は、単衣から夏につかう、とてもいい半襦袢(仕立て上り)を発見しました。
値段もいい感じです。これは、かなりいいです!

 綴れの袋帯から創った角帯も京都から届きました。
 Rumi Rockの新作浴衣は、着々と新柄を増やしています。(間に合え!!!)
 定番の風通御召しは、出来うる限り色を揃えています。
 んー
 そのほか、まだまだ集めて、そしてなか志まやの信条であるコーディネイトを
 お見せできる展示を考えています。

 もうすこし、時間が欲しいのですが、ここは強行するしかありません(汗)
 頑張ります。

●2007年03月13日(火)

          着付 Homme

   『女もすなる着付といふものを、男もしてみむとてするなり』

   『着付 Homme』とは、『女の着物を着せつける為の、男が学ぶ着付講座』です。
女の着物の構造を知り、着付の為の様々な過程とポイントを押さえ、帯まで結べることはもちろん、どういう着姿が美しいか、どのように女の着物に触れればいいのか、などなど着物姿の女性をエスコートするにあたり、日本男児として堂々と振る舞え、そして女性に安心感を持って頂く男を目指すものです。

どんなに時代が変ろうと、着物姿の女性の美しさには何故か心が踊ります。女の着物を今よりももっと知れば、何故、男は女の着物姿に惹かれるのか、その謎を知る手がかりになるかもしれません。

 3/31日(土) 13:00〜16:00
 4/ 1日(日) 13:00〜16:00

 受講料¥3,500 (女性の着物リースの場合 プラス¥1,500)
 講師:田島貴代子・中島寛治(なか志まや)

 女性の着物の何を学びたいかは、それぞれ個別のご要望に応えます!
 当然、着付け以外のことも知るべきでしょ!
 メール等で事前に打ち合わせしましょう!
 
 会場内は、気っ風市hommeとは隔離されたスペースとなっておりますので
 ご安心ください。場所は人形町ころもやさんの2階特設会場です。

 参加していただいた方には、もちろんテキストをお渡しし、後々にも
 参考になるように、準備しております。

 さてさて、すこしずつ有志の皆様の応募がはじまってます!

 なか志まやも、これからもっと、着付けHommeを練り上げていかねば!

 

●2007年03月12日(月)

     気っ風市 homme

 3/30(金) 31(土) 4/1(日)
 人形町 ころもや2階にて 11:00〜19:00


  上質な織物からポリエステルまで、手の味が生きるものからデジタルで染められる革新的なものまで、気っ風市 hommeでは、従来の呉服屋的な発想にとらわれずに、なか志まやが現時点で考えうるお洒落な男物のすべてをお見せしようと考えています。『サライ』的に着こなすか、『レオン』ばりに着こなすはあなた次第。この度、3月下旬にある雑誌で、なか志まやが提案することになった、男の着物の在り方のように、自由な発想で着物を楽しんでいただける気っ風市にしたいと思います。

 出品商品は、多岐にわたり現在も、各方面でセレクト中!