TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

年3回ほど行う、なか志まやの売り出しの模様です。

2010年06月の気っ風市
[過去の気っ風市一覧]
●2010年06月20日(日)

三越絽に格子を染めた着尺

格子を先染めした夏襦袢 (浅見)

紗九寸名古屋帯 舞楽文をすくい織で 


濃い色合わせの夏物

●2010年06月19日(土)


栃尾紬 手網筋入 柿渋染め

柿渋染め泥媒染した八寸帯

夏用に組んだゆるぎ紐無地

●2010年06月14日(月)

小千谷縮と浴衣の重ね着

Rumi Rock浴衣『新吉原繋ぎ』に黒/グレーの縞の小千谷縮を
重ね着する。なか志まやでの定番の着方です。

ハードな鎖を縞の向こうにほのかに透かせてみせています。

帯は竹箔を用いたもの。

●2010年06月13日(日)

竜馬がゆく!


袴の柄を思わせる縞と『馬』という文字がどこまでも並ぶ!走る!

荒波の中に 咸臨丸 ブーツに刀 桝に桔梗 スミスの拳銃 

Rumi Rock浴衣 龍馬

●2010年06月12日(土)


柿泥染めした糸で格子を織り上げた紗紬。
真綿を使いながら透け感を出して木目を織り上げた八寸名古屋帯。
パナマ台に『しな布』の鼻緒を挿げてより趣を増した草履

気っ風市にて、すべてお買い求め頂け易い価格でご用意しました。

●2010年06月11日(金)

経緯真綿格子に本松煙染め(単衣と袷用)

下の画像の楮糸布八寸に単衣と袷用の着尺を
合わせてみました。
同じ色で細かい格子がほのかに浮かびます。

単衣を長く着る時代に成って来ましたので、帯の素材の
使い方もこのように、真冬以外の3シーズン使いするものは
これから重宝するように考えます。

●2010年06月10日(木)

揚流半衿


春単衣と秋単衣には欠かせない半衿

この他、麻の半衿など白ベースで揃えました

●2010年06月09日(水)

楮糸布八寸名古屋帯

経糸に和紙を撚りをかけて
緯糸は手績みされた楮糸を手機で
千鳥格子を織り上げた、折田一仁さんの作品

お会いすると意外と若い方でびっくり。

細い駒糸で夏用に織り上げられた小千谷の松煙染め
うっすらと茶で格子が浮かびます。

襦袢は一衣舎オリジナル、微塵綿絹紅梅長襦袢