TOP お知らせ 店主日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

年3回ほど行う、なか志まやの売り出しの模様です。

2005年01月の気っ風市
[過去の気っ風市一覧]
●2005年01月20日(木)

        帯結

 文庫です。
昔、独立したてのころ、TV『ワーズワースの庭で』で、きものスタイリストの
江木良彦さんに初めてお会いした時、振袖の帯結びがこの結びでした。もう少しラインに甘さがある結び方でしたが、なんとも言えず可愛らしさがある結びでした。
 成人式となると、様々にデコラティブされた帯結びをみますが、僕にとってはこの帯結びがBESTです。
 簡単な文庫結びですが、とても奥が深い結びだと思います。

 帯は、松をデフォルメしたデザインです。
能衣裳の松竹梅柄から来ている振袖にどの帯を会わせるか、随分悩みました。
色んな合わせかたがあったのですが、西陣にまで足をのばした最終的な決断は、
基本に忠実な帯合わせでした。
 そして、、、、そこの織元の人の人柄も少し影響したかもしれません。まさに、
一期一会ならぬ、『一衣一帯』!

●2005年01月11日(火)

     振袖、、、、、、 

 魂を呼び寄せるという長い袖を振って、留め袖という袖を切るまでの間、良縁を願ったとされるお話が本当か、どうかは分かりません。
 ただ、振袖を着るには、やはりご親族の方々、ご本人、呉服屋含め一代イベントのような趣きがあります。最近は殆どリースの振袖で用事は済む時代なんですが、誂える楽しみはやはりあります。
 なか志まや、何年かぶりの振袖一式、、、、今回は腰紐までコーディネイト?しました。草履、バックは勿論ですが、帯板、帯枕、伊達締まで、この日のお祝いに相応しいものをセレクトしてあります。
 表地を探す為に一回、帯探し、小物合わせの為に一回、計2回京都に日帰りで品物を探しに行っております。
 そのおかげで、新しい染め屋、また西陣の織元にまで足を運び、今まで出会った事のない商品にも出会いました。
 その成果は、なか志まやの新作、、、そして2月の気っ風市でもご覧いただけると思います。
 洋服感覚の着物を信条としてきたなか志まやですが、さすがに振袖は、、、
しかし、僕の中ではベストな組み合わせとなりました。
 そして、いい日和にしてくれた神様と高橋マリ子さんに感謝!!!