TOP お知らせ 店長日記 よく遊べ アクセス 営業案内 気っ風市 お問い合わせ

店主中島の、習い事など趣味のページです。

2004年10月のよく遊べ
[過去のよく遊べ一覧]
●2004年10月27日(水)

     パリ、、、、

●2004年10月25日(月)

    パリ、、、、

●2004年10月23日(土)

     パリ、、、

●2004年10月22日(金)

       パリより

 今回の気っ風市のデザイン画のモチーフになったのが、彼女。
マニグリエ真矢さん。今、自分の故郷パリにいらっしゃます。当然、きもの持参です。何か?公式な場でお召になるので、今回は訪問着一式です。

 賞の内容を今確認中(汗)
東京とも京都とも金沢とも違うこの空気感と、ここパリでも着物がマッチしているのを感じます。しかしこのフランス人は、、、、やっぱ日本人だ!

●2004年10月17日(日)

    出会いの広場 なか志まや

 お一人で飲んでる女性、、、それもきもの姿なら思わず声をかけられずにはいられません。『すてきなお召し物ですね!』『きものお似合いですね!』
 きの効いた男なら『いい色のお着物ですね、、、素材はちりめんとは違いますね?』とふり、女性から『これはなになになんです、、』と云わせ、そこから『そうか!だからなになにのように見えたんだ。いや〜あなたの雰囲気にぴったりですね!』と褒め、『いや僕のはなになになんですが、、、』とお話を膨らませます(笑)
 呉服屋さんはきれいな女性が一杯集まる処です。
きものを来た男性は、、、やりよう?によってはすごくモテると思います(嘘)

 しかしこの実態は、次のきものはどれにしようかなぁ〜という奥様と、次は俺のきものだという旦那様とのお話でした。

●2004年10月16日(土)

   居酒屋 なか志まや

 今日一日、きもの姿でお疲れさま!
 ビールでものみますか?

 早く脱ぎたい気持ちと、もう少し着ていたい気持ちとハーフ&ハーフ。  

●2004年10月11日(月)

       今と昔、、、、
 中島が初めて、自分のお金でかみさんに作った着物が、紺の結城に塩瀬の染め帯!
いちばん最近つくった着物が山繭入りの真綿紬クリーム縞と余呉紬の洒落袋帯です。

 16年間同じ、かみさん(笑)につくる着物がだんだん綺麗な色になってます。
気っ風市に向けて、何かマネキンに着物を着せようと思い、引っ張りだしてきました。悩んだあげく今みたいに、紬、お召とやんやん言う前に、最高にすきだったコーディネイト(縞片身変り江戸小紋絵羽、由起丸平の石畳紋袋帯、金ビロードの羽織)
を飾ることとなりました。なか志まやの歴史の中では数年前ですが、今みても、、、
やはり最高の中の一つです。

 気っ風市で展示してます。(10年近くたった着物ですが、狂いのない仕立てもご覧になってください、、、、勿論、一衣舎さんのお仕立てです)

●2004年10月04日(月)

    これが、、、

 一番の楽しみ!
おいしものばかり、食べ過ぎました、、、、笑。

そして、ハルさん(http://www.hanabito.net/le-haru/ありがとうございました。
澤田さん(なか志まやのお花やってもらってます!)ありがとうございました。

 是非、また福岡へお邪魔させてください!